Posted in | Semiconductor | Electronics

病気の科学者は Quantum の液体の主要な発見をします

Published on March 31, 2012 at 4:35 AM

カメロンシェ著

中性子分散の技術を使用して、 Institut Laue-Langevin からの研究者は (ILL)二次元のフェルミオンの液体の調査を行い、非常に短波の密度の波の新型を識別しました。

高温超伝導がこの種類の密度の波に起因するかもしれないので調査は電子システムに焦点を合わせている研究者の興味を作成します。

フェルミオンの液体は中性子、プロトン、電子およびクォークを含んでいるフェルミオンの粒子のグループのなされます。 フェルミオンの液体は原子間の複雑な相互作用を示すのに ` 多くのボディ物理学で」使用される量の液体の 2 つの種類の 1 つです。 液体は中性子星、半導体、金属および原子核に一般にあります。 フェルミオンの液体はミステリーであり続けるが、光子を含んでいるおよびグルーオンがよく理解される量の液体の他の形式の基本的な物理学。

それ故に、米国のバッファローのオーストリア、オーク・リッジの国立研究所および SUNY 大学、フィンランドの Aalto 大学およびフランスの CNRS (Centre National de la Recherche Scientifique) のヨハネス・ケプラー大学を含む調査チームはフェルミオンの液体の最初の調査を行いました。 研究者はフェルミの液体としてヘリウム3 の層を使用しました。 彼らはバルク液体に病気で遂行されたより早い実験の間に観察されたそれらより長い一定期間の間残ったヘリウムの非常に短波の、高周波密度の波を検出できました。 これらのより短い波長の密度の波はゼロ音のモードの振動として名づけられます。 ヘリウムの特性の調査を完了した後、チームは電子液体に焦点を合わせます。

ソース: http://www.ill.eu/

Last Update: 31. March 2012 09:36

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit